テレビを見たりした

19時くらいから放送されているバラエティー番組を見ました。今回は、無人島を開拓するコーナーをやっていました。そこで、珍しい生物を見つけたり道具を作ったりしていました。そして、韓国の音楽番組を見ました。再放送のを見ました。途中から見ました。この音楽番組は動画でしか見たことがないので、テレビで見ることができて良かったです。そして、勉強をしました。いくつかの藩は藩政改革にのり出し、財政の再建と人材の登用を実施して、藩権力を強めようとしました。薩摩藩は巨額の借財を整理し、奄美三島の砂糖の専売や琉球との貿易などで利益をあげて、財政難を切り抜けました。また、大砲製造のために反射炉をつくるなどして、軍事力の強化にもつとめました。長州藩でも多額の借金を整理し、紙・蝋の専売などで利益をあげ、中・下級藩士の登用をすすめました。このほか、佐賀藩や土佐藩でも財政再建に成功しました。これら薩長土肥の南西日本の諸藩は、幕末の政局に強い発言力を持つ雄藩として登場する力をたくわえていきました。18世紀を通じて一般化した問屋制家内工業は19世紀に入っていっそう発達し、やがて地主や問屋商人のなかから、工場を設けてそこに働き手を集め、分業と協業による手工業生産を行うものが出てきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です