ドラマを見ました

韓国のドラマを見ました。「ステキな片思い」というドラマを見ました。今回は、最終回をやっていました。偶然放送されていたので見てみました。ロマンチックなドラマでした。そして、深夜に放送されているバラエティー番組を見ました。今回は、偏食についてやっていました。カレーを15年間続けて食べている人やアイスばかり食べている人などが出ていました。ごはんがサプリという人もいました。そして、勉強をしました。朝廷との問題をめぐって将軍家斉との対立もあり、松平定信は老中在職6年余りで退陣しました。寛政期には、諸藩の藩政改革もさかんでした。名君とされた上杉治憲は、その代表です。幕府や諸藩が体制の再建につとめていたころ、日本の近海にはロシア船やイギリス船があらわれ、幕府は外交のあり方の変更をせまられるようになりました。1792年、日本の漂流民をつれたロシア使節が根室へ来航し、19世紀初頭にも長崎へ来航して通商を求めました。しかし、幕府はこれをことわりました。こうしたロシアの動きに対して、幕府は近藤重蔵や間宮林蔵を蝦夷地調査に向かわせ、一時は蝦夷地を直接支配して警備をかためました。その後も、ロシア船はしばしば蝦夷地にあらわれ、日本側と紛争をおこしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です